カードローンの審査基準はどうなっているの?

カードローンの気になる審査基準とは?

カードローンを契約するにためには申し込みをして必ず審査をとおらないといけませんよね。そこで気になるのが審査の基準です。

 

細かい基準はローン会社によっても異なりますし、極秘事項なのでまずしっかりした基準は判りませんが、わかる範囲で考えてみましょう。

 

まず基本的に20歳〜69歳までの方が対象になっているカードローンが多いため審査以前にこの年齢に入っていることが大切です。また安定的な収入があることも重要です。安定的な収入があるのであればアルバイトでもパートさんでも申し込む資格はあるので審査の対象となります。

 

ここからは推測の域になります。まず審査に通る基準として間違いないのは、今までにカードローンでキャッシングを利用したことがなく、自己破産や任意整理の経験が無ければまず審査に落ちることはないでしょう。もちろん年齢制限内で、収入がある方に限ります。

 

他社の借り入れがある場合はどうでしょうか?他社の借り入れとは車のローンや住宅ローンではなく、他社のキャッシングサービスによるものです。

 

この場合は収入によって審査の判断が分かれます。収入が多ければ多いほど融資の額も比例して大きくなります。しかし、年収300万円のひとに300万も400万も貸してしまっては未回収の危険があるので融資額は低くなります。また、消費者金融系の業者の場合、総量規制によって年収の三分の一までの融資しか行う事ができませんので注意が必要です。

 

そのほか家族構成や住居の情報を数値化して銀行やローン会社、保証会社が融資の有無や金額を決定します。だからといって申し込み時に嘘を書くのはやめましょう。裁判沙汰になってしまうケースもあり得なくないので、真実を書いて審査を待ちましょう。