ブラックでも借りることはできますか?

ブラックの人は借りれません

カードローンに限らず、住宅ローン、フリーローン、自動車ローン、など様々なローンを利用するときには個人の信用情報が非常に重要です。

 

個人の信用情報をどうやって調べるかというと、CICやJICCといった個人信用情報機関に申し込みをした人が登録されているかどうかをチェックします。

 

いわゆるブラックといわれているのは、この個人信用情報機関に記録されているかどうかのこと指しています。情報期間に掲載される可能性のある項目は、新規の申込み情報や支払い状況(遅延等)、利用記録(カードローン会社などが情報機関で紹介した事実)などを記録しています。

 

申し込み情報や利用記録は6か月程度で消えます。遅延や破産などの行為は5年間〜7年保有されます。申込み情報や利用記録で記録されてもブラックではありません。しかし、破産などはいわゆるブラックとして扱われます。

 

ですからカードローンを申し込もうとしてもブラックの期間はまず不可能でしょう。「ブラックでも貸します」といった会社があればそれは非合法の金融で非常に危険です。どれだけお金に困ってもブラックOKという融資を受けてはいけません。

 

5年〜7年たつと信用情報機関の記録から消えますが、破産などをしている方は昔利用していたカード会社や金融機関ではまずローンを組めないと考えた方が良いかもしれません。信用情報機関からいわゆるブラックの記載が消えても、各会社では自社で破産や任意整理をしたこと経歴を残している可能性が高いためです。

 

好き好んで自己破産や任意整理を行った人ばかりではないでしょうが、後悔は先に立ちません。お金は計画的に利用するようにしましょう。